米国とイランにいい顔 安倍政権ヒタ隠す中東派遣のリスク

公開日: 更新日:

 安倍政権は27日、海上自衛隊の中東派遣を閣議決定した。同盟国の米国と友好国のイランの板ばさみとなった結果、中東でのシーレーン(海上交通路)の安全確保に向けた情報収集強化を名目とした玉虫色の派遣。イランへの配慮により、活動海域からホルムズ海峡とペルシャ湾が除かれた。

 菅官房長官は27日の会見で「今後、国民に丁寧に説明する」と繰り返したが、通常国会の召集は来年1月20日の予定。海自の一部はすでに現地に向かっている。中東派遣を既成事実化することで、3つのリスクについてはダンマリで通すつもりなのか。

 防衛省出身で内閣官房副長官補(安全保障担当)を務めた柳澤協二氏がこう指摘する。

「自衛隊にどんな任務があるのか曖昧なまま派遣が決まりました。情報収集が理由ですが、派遣される海域の洋上の危険性は海賊対策で散々調べている。日本関係船舶に対する陸上からの脅威を調べるとなると、洋上任務が効果的かは疑問です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  4. 4

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  5. 5

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  6. 6

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  7. 7

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  8. 8

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

もっと見る