「Xmasプレゼント」はどうなった?沈黙守る金正恩の不気味

公開日: 更新日:

 世界が固唾をのんで見守っていたXデーに北朝鮮は不気味な沈黙を守った。膠着する米朝協議にイラつく北朝鮮が、「クリスマスプレゼントに何を選ぶかは米国の決心次第だ」と布告したのは今月3日。トランプ大統領は「米軍を使うことを望んでいない。だが必要になれば使う」と軍事行動をにおわせ、米太平洋空軍司令官は「何らかの長距離弾道ミサイルと予想している」と警戒を強化。イブと本番の25日は、米空軍が偵察機4機を朝鮮半島上空に一斉に飛ばす異例の監視飛行を実施したが、26日14時時点では何事も起きていない。北お得意のハッタリなのか。

 2月の“ハノイ・ノーディール”にブチ切れた金正恩朝鮮労働党委員長は4月、「年末までは忍耐強く米国の勇気ある決断を待つ」と一方的に協議期限を設定。その後の実務者交渉で要求した制裁緩和実現の見通しが立たず、北はミサイル開発も再び活発化させた。今月7日に「非常に重大な実験」、13日に「重大な実験」を実施。先週訪韓した米ビーガン北朝鮮担当が呼び掛けた板門店協議にも応じなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」と綾瀬はるか「八重の桜」嫌な共通点

  3. 3

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  6. 6

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  7. 7

    和牛に海鮮…山田広報官ら東北新社“37万円ゴチ”お咎めは?

  8. 8

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

  9. 9

    森七菜に二宮和也もデレデレ…男を“骨抜きトーク”は計算か

  10. 10

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

もっと見る