習近平にスリ寄る安倍首相 台湾、香港は五輪ボイコットも

公開日: 更新日:

 拳を振り上げて「中国包囲網」を叫んでいたのはどこへやら。日中韓首脳会議で訪中した安倍首相は、会談した習近平国家主席に揉み手でスリ寄り。2020年春の訪日では国賓待遇をブチ上げ、身内から反発を食らっている。

 宮中晩餐会も開かれる最高ランクの賓客扱いに、支持者の不満を受けた自民党外交部会では「国民が納得できるのか」と異論噴出。党議員有志が「諸懸案に改善がない場合、国賓としての来日に反対する」との声明を発表した。確かに、激化する香港デモと警官隊の衝突、中国公船の尖閣諸島周辺への領海侵入、相次ぐ日本人拘束など、問題は山積み。それでも安倍首相が国賓にこだわるのは“外交のアベ”が手詰まりで、ほかに見せ場がないからだ。

「国賓は習近平主席が訪日する大前提。待遇が異なるのであれば、訪日そのものが取りやめになる可能性があります」(拓大教授・富坂聰氏=現代中国)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  2. 2

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  3. 3

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  4. 4

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

  5. 5

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  6. 6

    2人は前世で親友だった?1枚の食事の写真に全米がホッコリ

  7. 7

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  8. 8

    大阪府100万人あたりのコロナ死者数「インド超え」の衝撃

  9. 9

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  10. 10

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

もっと見る