日本は180カ国中20位 政治家の“ワイロもらわない度”ランク

公開日: 更新日:

 腐敗・汚職と闘う国際NGOのトランスペアレンシー・インターナショナル(本部ドイツ)が23日、各国の政治家・公務員が賄賂をもらわない割合を国際比較して発表した。

 日本は100点満点で73点、第20位と上位ながら、昨年の18位より後退した。トップ3はニュージーランド、デンマーク、フィンランド。ワースト3はソマリア、南スーダン、シリアとなっている。

 発展途上国では、子どもの就学を申し込んだり、住民票を取りに行っただけでも窓口の公務員から賄賂を要求されることがある。さすがに日本ではそこまではないものの、安倍内閣を見ても、カジノ誘致を巡り現役の国会議員が収賄容疑で逮捕され、逆に現職大臣が政治資金で有権者に贈答品を配るなど、政治と金の問題は尽きない。

 国際NGOは政治腐敗を防ぐため、賄賂でつながる「お友達政治」や、天下りなど形を変えた賄賂を廃し、政治資金規正法の厳格な運用、国民の政治参加、ジャーナリストや公益通報者の保護を強化するよう提言している。

(ジャーナリスト・若林亜紀)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

  2. 2
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  3. 3
    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

  4. 4
    「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い

    「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い

  5. 5
    桜田淳子は「広告塔」として布教に貢献…教団内での現在の立ち位置は?

    桜田淳子は「広告塔」として布教に貢献…教団内での現在の立ち位置は?

  1. 6
    桜田淳子が統一教会の合同結婚式出席 実兄は「もう縁を切ったようなもの」

    桜田淳子が統一教会の合同結婚式出席 実兄は「もう縁を切ったようなもの」

  2. 7
    3000万匹に1匹のはずが…米ミシシッピ州でまた“激レア”のロブスター見つかる

    3000万匹に1匹のはずが…米ミシシッピ州でまた“激レア”のロブスター見つかる

  3. 8
    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

  4. 9
    大谷翔平はエ軍消化試合でも全力プレー 「投打規定数Wクリア狙い」に金満球団ヤキモキ

    大谷翔平はエ軍消化試合でも全力プレー 「投打規定数Wクリア狙い」に金満球団ヤキモキ

  5. 10
    センバツ圧巻V大阪桐蔭の“侵攻”に日本中の高校から怒りの声! 関東、東北が“草刈り場”に

    センバツ圧巻V大阪桐蔭の“侵攻”に日本中の高校から怒りの声! 関東、東北が“草刈り場”に