秋元被告が保釈 カジノ汚染議員の実名暴露に自民戦々恐々

公開日: 更新日:

 三羽烏とは誰なのか。すでに政界では「この3人だ」と、安倍首相に近い3人の実名が語られている状況だ。

 そのうちの1人については、通常国会前に<IR汚職で地検特捜部狙う首相側近の現職閣僚>とのタイトルで怪文書がバラまかれている。怪文書には、<2年前、マカオに招かれ、夫人とともに数日間豪遊したことが確認された。費用は全て相手持ち、むろん手ぶらで帰国したはずがない>などとカジノ業者との癒着が詳細に書かれている。

 はたして、秋元被告は保釈後、どこまでバラすのか。

 東京地裁が秋元被告の保釈を決定した直後、自民党の二階幹事長が「本人の無罪の主張を信頼している」と、秋元擁護のコメントを発したのは、「余計なことは口にしないように」という秋元被告に対するメッセージだともみられている。

「もともと仲間が窮地に陥った時、かばうのが自民党の文化です。とくにカネと女性のスキャンダルについては寛容です。二階幹事長は同僚議員への身内意識が強いだけに、本気で同情しているのでしょう。ただ、秋元議員を擁護することで、結果的に秋元議員の暴走を抑止することになるはずです」(政治評論家・有馬晴海氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  6. 6

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  7. 7

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  8. 8

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  9. 9

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る