相澤冬樹
著者のコラム一覧
相澤冬樹大阪日々新聞・元NHK記者

大阪日日新聞(新日本海新聞社)論説委員・記者。1962年宮崎県生まれ。東京大学法学部卒業。1987年NHKに記者職で入局。東京社会部、大阪府警キャップ・ニュースデスクなどを経て現職。著書『安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由』(文藝春秋)がベストセラーとなった。

判決直前レポート<上>完全無罪あるか?夫妻それぞれの事情

公開日: 更新日:

 籠池夫妻の法廷闘争が大きな節目を迎える。19日は1審の判決。中には夫妻ともに完全無罪を期待している方もいるようだ。だが夫妻はそれぞれ事情が違う。2人とも完全無罪はありうるのだろうか?

 この裁判で問われている事件は大きく2つ。1つは小学校建設の工事代金を水増しして国の補助金約5600万円をだまし取ったとされる件。もう1つは幼稚園の運営にあたり教員数などを水増しして大阪府・市の補助金約1億2000万円をだまし取ったとされる件だ。このうち校舎建設の補助金について夫妻は、設計業者と建設業者が主導したことで自分たちはよく知らないと2人とも無罪を主張。自分たちだけ立件して業者を罪に問わなかったのは国策捜査に協力させる事実上の司法取引だと非難している。

 ところが幼稚園の補助金については、夫の泰典前理事長は一部について不正受給を認めている。その上で全額不正ではないと金額を争っている。だから完全無罪はありえない。注目はどこまでが不正と認定されるか? それが、実刑か、執行猶予がついて刑務所に入らずにすむかを左右する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  5. 5

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  6. 6

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  7. 7

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  8. 8

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  9. 9

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る