評論家・佐高信氏 理不尽な要求に経営者は抵抗してほしい

公開日: 更新日:

佐高信氏(評論家)

 責任転嫁が服を着ているような安倍晋三もいよいよ追いつめられている。

 特にANAインターコンチネンタルホテルに毅然たる対応を望みたいところだが、日本経営者団体連盟代表常任理事で首相の池田勇人の御意見番だった桜田武は1965年に池田が亡くなってまもなく開かれた日経連臨時総会で、池田を失った悲しみからか、「戦後20年、かかる政治家しか育てられなかったわれわれの不明を反省せねばならない」と言い切った。

 財界が政治家を育てることがいいことだとは思わないが、こう断言する財界人もかつてはいたのである。桜田は師と仰ぐ宮島清次郎ともども勲章を拒否した人としても知られる。

 政治家にすがって商売をしようとし、政権に対して直言する経営者など、まったくと言っていいほど見当たらない現代とはまさに隔世の感がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  4. 4

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  5. 5

    ICU闘病も…志村けんさんコロナ陽性から1週間で帰らぬ人に

  6. 6

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  7. 7

    外出禁止で爆発寸前…プロ野球選手がぼやく自宅待機の現況

  8. 8

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  9. 9

    日米球界コロナ禍 値切られる入札選手と20億円失うマー君

  10. 10

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

もっと見る