立憲・枝野幸男代表が苦言「今の会見は15分で切っちゃう」

公開日: 更新日:

「今の総理の会見や官房長官の会見は15分でさっと切っちゃいますけど、あのときは1時間くらい質問が途切れるまでやっていました。会見の直前に新しい情報が入ってきたり」

 そう話したのは、2011年の東日本大震災と東京電力福島第一原発事故当時に内閣官房長官だった、枝野幸男立憲民主党代表(55)である。

 2月24日、都内で催された映画「太陽の蓋」の上映会後、同映画製作者の橘民義氏、元文部省の寺脇研氏らとのアフタートークショーの中でのこと。まもなく東日本大震災、東電福島原発事故から9年が経とうとしている。

■「ただちに健康に影響がない」発言の真意

「太陽の蓋」は2011年3月に起きた東京電力福島第一原子力発電所の事故をめぐる首相官邸、東京電力のドタバタなど内幕を事実にもとづき再現したフィクション映画。当時は民主党連立政権であり、菅直人首相役を三田村邦彦(66)、枝野・内閣官房長官役を菅原大吉(59)、福山哲郎・内閣官房副長官を神尾佑(49)が演じている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  8. 8

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  9. 9

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る