Twitterがホワイトハウス投稿に警告「操作された」初適用

公開日: 更新日:

 ツイッター社が、ホワイトハウスのソーシャルメディア担当者が投稿した動画の左下に「Manipulated media(操作されたメディア)」という表示を出し、異例の警告を行った。

 表示をつけられたのは、ダン・スカビーノ氏が7日夜、投稿した動画。民主党のバイデン前副大統領が言葉に詰まり、「我々はトランプ氏を再選させることしかできない」と語るものだ。しかしバイデン氏はこのセリフの後に「円になって銃撃戦をやったところで。前向きな選挙戦にしなければ」と続けている。つまり、内輪でいがみ合っていたらトランプ氏に負けると警告した演説が、意図的な編集でバイデン氏が敗北を認めているかのような内容になっているのだ。

 ツイッター社は先月、意図的に紛らわしく編集された動画などは警告をつける方針を発表しており、適用第1号となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  10. 10

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

もっと見る