日本一般用医薬品連合会が“泥沼の内紛”に至った本当の理由

公開日: 更新日:

 日本国内が新型コロナウイルスの感染騒動で揺れる中、“コップの中の泥仕合”と揶揄されていた医薬品業界団体の民事訴訟がようやく決着した。市販薬を手がける業界5団体で構成する「日本一般用医薬品連合会」(一般薬連)の内紛騒動のことだ。

 <本件訴訟につき、本日(2020年3月4日)、被告団体から請求認諾書が提出され、請求の認諾により、当会の請求が全て認められる形で終了しましたことをお知らせいたします>

 一般薬連が4日付でホームページに公表した裁判の発端は、2018年5月の会長選にさかのぼる。

 当時、再選を目指していた三輪芳弘会長(興和社長)に対し、他の理事らが反発。三輪会長を「会則に沿った運営ができない、意思と能力を喪失した状態」にあるとして、前会長だった上原明副会長(大正製薬ホールディングス代表取締役兼社長、大正製薬代表取締役会長)を会長代行に充て、その後、緊急理事会で新たな会長に柴田仁・大幸薬品会長を選出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る