日本一般用医薬品連合会が“泥沼の内紛”に至った本当の理由

公開日: 更新日:

 日本国内が新型コロナウイルスの感染騒動で揺れる中、“コップの中の泥仕合”と揶揄されていた医薬品業界団体の民事訴訟がようやく決着した。市販薬を手がける業界5団体で構成する「日本一般用医薬品連合会」(一般薬連)の内紛騒動のことだ。

 <本件訴訟につき、本日(2020年3月4日)、被告団体から請求認諾書が提出され、請求の認諾により、当会の請求が全て認められる形で終了しましたことをお知らせいたします>

 一般薬連が4日付でホームページに公表した裁判の発端は、2018年5月の会長選にさかのぼる。

 当時、再選を目指していた三輪芳弘会長(興和社長)に対し、他の理事らが反発。三輪会長を「会則に沿った運営ができない、意思と能力を喪失した状態」にあるとして、前会長だった上原明副会長(大正製薬ホールディングス代表取締役兼社長、大正製薬代表取締役会長)を会長代行に充て、その後、緊急理事会で新たな会長に柴田仁・大幸薬品会長を選出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  3. 3

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  7. 7

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

  8. 8

    「感染列島」が予見したコウモリの毒性と人工呼吸器不足

  9. 9

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

  10. 10

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

もっと見る