新型コロナ「雇用助成金制度」が詐欺事件の温床になる?

公開日: 更新日:

「常に最悪の事態を想定し、あらかじめ備えることが重要だ」

 2日の参院予算委で、新型コロナウイルスの感染拡大を阻止するための法整備を急ぐ考えを示した安倍首相。これを受け、政府は緊急事態宣言を柱とする既存の「新型インフルエンザ対策特別措置法」の改正を検討する一方、緊急対応策として、一斉休校により休職を余儀なくされる保護者の所得を補う助成金制度創設なども進める考えだ。

 厚労省はすでに、新型コロナの感染防止を目的に臨時休校した小学校などに通う児童らの養育のために仕事を休んだ保護者が働く企業に対する助成制度の創設を発表。また、新型コロナで経営が悪化した企業に対し、雇用調整助成金の要件を緩和する方針という。

 国が収入を手当てすることで、労働者が安心して休める体制を整え、感染拡大の防止を図る狙いは評価できるものの、早くも懸念されているのが助成金詐欺だ。警察関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る