安倍首相“咳動画”が中国で拡散 習近平訪日延期の決定打か

公開日: 更新日:

 日朝首脳会談は見通しすら立たず、北方領土返還をめぐる対ロ交渉も暗礁。ハリボテの“外交のアベ”を取り繕うべく安倍首相が執心する、中国の習近平国家主席の国賓来日も頓挫した。日中ともに感染拡大中の新型コロナウイルスへの対応が理由にされているが、果たしてそうなのか。

 ◇  ◇  ◇

「中国人の大半が利用するSNS『微博』に投稿された、安倍首相がせき込む動画が拡散し、習近平主席の訪日中止のダメ押しになったのではないか」(金融関係者)

 問題の動画は3日の参院予算委員会の映像を編集したもの。答弁に立った安倍首相は咳をこらえられず、口元を覆った手を尻に回してゴシゴシ。なかなか咳は収まらず、しまいには腕で口を押さえる始末。真後ろの閣僚席で一部始終を見ていた高市総務相が目をむくシーンが強調されている。コロナ禍の最中、安倍首相の感染疑惑が広がるわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  3. 3

    小室哲哉カネと女で晩節汚し…推定資産1000億円からの転落

  4. 4

    落合監督の「虫けらノック」で井端、荒木、森野は成長した

  5. 5

    ホリエモンがひろゆきに絶縁宣言 2人の対談連載は終了か?

  6. 6

    小池知事「4都県 2週間延長」巡り3知事を“騙し討ち”の姑息

  7. 7

    久美子氏が「従業員持株会」に宛てた“圧力”メールの中身

  8. 8

    落合監督は首脳陣と選手の食事会場を分け酒の差し入れも

  9. 9

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  10. 10

    総務省に新疑惑!東北新社に「脱法スキーム」指南の可能性

もっと見る