秘書起訴でもダンマリ…河井夫妻1泊9万円高級ホテルに滞在

公開日: 更新日:

 いつまで議員を続けるつもりか。選挙違反事件を巡り、ダンマリを続ける自民党河井克行前法相と妻の案里参院議員のことだ。広島地検は24日、昨年7月の参院選期間中に車上運動員を買収した公選法違反で、克行氏の政策秘書と案里氏の公設第2秘書を起訴。克行氏も案里氏も「お詫び」コメントを出したが、国民への説明から逃げている。

 地検は案里氏の秘書について、当選無効となる連座制の適用に該当すると判断。迅速な判決を求める「百日裁判」を広島地裁に申し立てた。秘書が有罪となれば、案里氏は失職する可能性がある。

 案里氏は25日、自民党の世耕弘成参院幹事長と面会し、議員辞職を改めて否定した。許し難いのは、夫婦ともどもロクに仕事をしていないのに、議員のイスにしがみついていることだ。

 河井夫妻は昨年10月末から臨時国会(同月4日召集)を欠席。12月の閉会まで姿をくらましたが、克行氏は約323万円、案里氏は約194万円のボーナスをちゃっかり受け取っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  9. 9

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

  10. 10

    談志師匠から今度は「上納金」60万円催促の電話がかかり…

もっと見る