小池知事が急に元気に…「五輪からコロナに移る希望の党」

公開日: 更新日:

 地球が誕生したのは46億年前のことじゃ。以来、生物が絶滅したのは5回あり、人類は今、6回目のサバイバル途上にある。無論これは、唯物史観的な分析であり、時を永遠の「空」と考える仏教とは相いれない。

 しかし、この議論はさておいて、とりあえず現実のテーマに対処しよう。時間はどんどん流れ、過去へと消えていく。だから、今生きている人々は、人類史の先端をいく種族である。当然、経験したことがないような事象と対面することになる。

 それが戦争であった場合、通常ミサイルによる原発攻撃、核ミサイルによる直撃、生物兵器の使用などもあり、人類を含む生命体は、6度目の絶滅に向かう。

 いや、もうすでに何かが始まっている気配じゃ。

 コロナウイルスは、これまでに人間社会が経験しなかった感染力と毒性で、欧米に医療崩壊をもたらしておる。

 欧米の惨状が、アフリカ諸国やアジアに伝播するのは、時間の問題かも知れんな。いつ、どこで止まるのか、それとも止まらないのか。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  2. 2
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  3. 3
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  4. 4
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

  5. 5
    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

  1. 6
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 7
    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

  3. 8
    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

  4. 9
    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

  5. 10
    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか

    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか