小池知事が急に元気に…「五輪からコロナに移る希望の党」

公開日: 更新日:

 地球が誕生したのは46億年前のことじゃ。以来、生物が絶滅したのは5回あり、人類は今、6回目のサバイバル途上にある。無論これは、唯物史観的な分析であり、時を永遠の「空」と考える仏教とは相いれない。

 しかし、この議論はさておいて、とりあえず現実のテーマに対処しよう。時間はどんどん流れ、過去へと消えていく。だから、今生きている人々は、人類史の先端をいく種族である。当然、経験したことがないような事象と対面することになる。

 それが戦争であった場合、通常ミサイルによる原発攻撃、核ミサイルによる直撃、生物兵器の使用などもあり、人類を含む生命体は、6度目の絶滅に向かう。

 いや、もうすでに何かが始まっている気配じゃ。

 コロナウイルスは、これまでに人間社会が経験しなかった感染力と毒性で、欧米に医療崩壊をもたらしておる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

  3. 3

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  4. 4

    インド株の市中感染を初確認!7月に全国蔓延で五輪は絶望

  5. 5

    小池知事「五輪中止」のタイミング…重なる4年前の都議選

  6. 6

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  7. 7

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  8. 8

    五輪選手らを選手村と会場に“閉じ込める”政府案の浅はかさ

  9. 9

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  10. 10

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

もっと見る