小池知事「首都封鎖あり得る」衝撃発言の真意…裏で何が?

公開日: 更新日:

 23日、小池都知事が記者会見し、「首都の封鎖もあり得る」と警告を発した。首都のトップが「ロックダウン=都市封鎖」を口にするのは異例のことだ。いったい、なにが起きているのか。

 東京都は23日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた対策会議を開き、大規模イベントの自粛を4月12日までつづけることを確認した。小池知事は会議の終了後、「この3週間がオーバーシュートが発生するか否かの大変重要な分かれ道であるということです」「事態の推移によっては、ロックダウンなど強力な措置を取らざるを得ない可能性がある」と、大規模な感染拡大が認められた場合は、ロックダウンもあり得ると宣言してみせた。

 小池知事が「首都封鎖」という衝撃的な単語を使ってまでイベント自粛の延期を求めたのは、厚労省クラスター対策班から21日時点の試算として、4月8日までに都内で530人程度の患者増の可能性があると指摘されたからだ。都内の感染者数は、22日時点で138人となっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

  8. 8

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  9. 9

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  10. 10

    男子ゴルフツアーでクーデター 大量41人が青木体制に“NO”

もっと見る