河井夫妻から現金授受 今さら県議や市議が認めている理由

公開日: 更新日:

「代議士に失礼じゃないですか。本来は(その場で)返すべきなんだろうけど、なかなか難しかった」

 昨夏の参院選で現金を配ったとして東京地検特捜部に公選法違反容疑で逮捕された、前法相の河井克行衆院議員(57)と妻の案里参院議員(46)をめぐる買収事件。2人の逮捕後、当初は現金の授受を否定していた広島県議や市議らが、ここにきてメディアの取材に対し続々と受け取りを認め始めている。

 ある県議は、克行容疑者が昨年4月、自宅に来て机の上に50万円を置いて帰ったといい、市議のひとりは克行容疑者から2回に分けて合わせて計50万円を受け取っていたと明かした。

 公選法では、金品や接待を受けた人や要求した人(被買収)も買収罪の対象となる。元大阪府知事の橋下徹氏はテレビ番組で、「選挙買収でしたって、受け取った側がどんどん言ってるけど、自分が立件されないことをある意味、保証されているから、そういうふうに言っているんじゃないかって僕、弁護士の立場から疑ってしまいます」とコメントしていたが、県議や市議がもっと早い段階で河井夫妻の買収実態を明らかにしてれば、特捜部の捜査も進んだに違いない。証拠隠滅の恐れも少なかったはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  4. 4

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  9. 9

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る