ロシア反体制指導者ナワリヌイ氏の治療担当医師が謎の急死

公開日: 更新日:

 猛毒の化学神経剤ノビチョクによるロシア反体制派指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏暗殺未遂事件で、昨年8月の事件直後にナワリヌイ氏の治療に当たったオムスク救急病院のセルゲイ・マキシミーシン医師が急死した。55歳だった。4日、同病院が公式サイトで明らかにした。

 マキシミーシン医師は病院の副院長で、ナワリヌイ氏の治療の責任者。病院関係者によると「手術室で突然倒れ、死亡した」という。死因には触れていない。

 ナワリヌイ氏の側近は米CNNに「マキシミーシン医師は、誰よりもアレクセイの容体を知っていた。事件性は否定できない」と語った。

 ナワリヌイ氏はドイツ・ベルリンの病院で治療を受けて回復。ロシアに帰国したが、今月2日にモスクワの裁判所で禁錮2年8月の実刑を言い渡された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  8. 8

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

もっと見る