室井佑月
著者のコラム一覧
室井佑月作家

1970年、青森県生まれ。銀座ホステス、モデル、レースクイーンなどを経て97年に作家デビュー。TBS系「ひるおび!」木曜レギュラーほか各局の情報番組に出演中。著書に「ママの神様」(講談社)、「ラブ ファイアー」(集英社文庫)など。

政治家の抗議のその先をそそのかすような発言を放置するな

公開日: 更新日:

『抗議だけで良いのか』(二階俊博自民党幹事長)

 これは3月25日、北朝鮮の弾道ミサイル発射を受けて、自民党の緊急会談で二階氏が発した言葉。

 あまり大きなニュースにならなかったけど、政治家のこういった発言が問題にならないっておかしい。

 二階氏はこうつづけた。

「こんな生ぬるいことを言っているだけで良いのか。今日は政府は来てないのか?(入っています)。じゃあ1つ明確な国民が納得するような返事、自民党が責任を持てるような回答をしてください」

 二階氏のいう抗議のその先ってなんだよ? 生ぬるくないことってなんだよ? 日本は北朝鮮に対し、すでに輸出入や船舶の入港などを全面禁止している。

 二階氏は選挙が近いから、支持者の一部にウケるようなことをいったのかもしれないが、抗議のその先に進むことが与党自民党の考えなのか? 多くの国民がそれを望んでいるとでも? 恐ろしくなってこないか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  9. 9

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  10. 10

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

もっと見る