北朝鮮1年ぶりに弾道ミサイル発射 排他的経済水域外に落下

公開日: 更新日:

 政府は25日午前7時すぎ、北朝鮮から弾道ミサイルの可能性があるものが発射されたと発表した。韓国軍も同日、北朝鮮が東部・咸鏡南道から日本海に正体不明の飛翔体を発射したと発表。防衛省は「日本の領域には飛来せず、排他的経済水域にも落下しないものと推定される」と説明した。

 一方、米CNNテレビは「米政府は発射されたのは弾道ミサイル2発と確認した」と報じた。

 弾頭ミサイルの発射は昨年3月29日以来、約1年ぶりで、今年に入っては初めて。昨年3月には、短距離弾道ミサイルなどを合わせて8発を、短い間隔で2発ずつ連射した。

 北朝鮮は21日、西海岸の平安南道から短距離巡航ミサイル2発を発射したばかりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  3. 3

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  4. 4

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  5. 5

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

  8. 8

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  9. 9

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  10. 10

    中居正広が「酒浸り」告白 五輪キャスター“再選出”も声かからず意気消沈の日々

もっと見る