愛犬を偲ぶ会の翌日…社長の胸元にあった無数のミミズ腫れ

公開日:

 社長の愛犬イブは、大阪にある大学付属の動物病院に運ばれる途中で息を引き取った。

 苦しみ出したのは5月6日の22時すぎ、日曜日の深夜である。

 近くの動物病院はすべて閉じていた。スマホで調べて付属病院に連絡を取ったのは、若妻さっちゃんだった。

「私がね、さっちゃんと社長を乗せて運転して行ったのよ。マコやんは休みでお酒を飲んでいるから行けないって断られて」

 お手伝いのKさんはお世辞にも運転が上手とは言えない。深夜、高速道路を大阪に向かって事故を起こさなかったのは不幸中の幸いだが、死亡したイブを診た獣医師は「老衰だろう」と伝えた。人間であれば不審死が疑われたのかもしれないが、よほどのことがない限り、犬を解剖して死因を究明することはないのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

もっと見る