愛犬を偲ぶ会の翌日…社長の胸元にあった無数のミミズ腫れ

公開日: 更新日:

 社長の愛犬イブは、大阪にある大学付属の動物病院に運ばれる途中で息を引き取った。

 苦しみ出したのは5月6日の22時すぎ、日曜日の深夜である。

 近くの動物病院はすべて閉じていた。スマホで調べて付属病院に連絡を取ったのは、若妻さっちゃんだった。

「私がね、さっちゃんと社長を乗せて運転して行ったのよ。マコやんは休みでお酒を飲んでいるから行けないって断られて」

 お手伝いのKさんはお世辞にも運転が上手とは言えない。深夜、高速道路を大阪に向かって事故を起こさなかったのは不幸中の幸いだが、死亡したイブを診た獣医師は「老衰だろう」と伝えた。人間であれば不審死が疑われたのかもしれないが、よほどのことがない限り、犬を解剖して死因を究明することはないのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

  9. 9

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  10. 10

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

もっと見る