• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

愛犬を偲ぶ会の翌日…社長の胸元にあった無数のミミズ腫れ

 社長の愛犬イブは、大阪にある大学付属の動物病院に運ばれる途中で息を引き取った。

 苦しみ出したのは5月6日の22時すぎ、日曜日の深夜である。

 近くの動物病院はすべて閉じていた。スマホで調べて付属病院に連絡を取ったのは、若妻さっちゃんだった。

「私がね、さっちゃんと社長を乗せて運転して行ったのよ。マコやんは休みでお酒を飲んでいるから行けないって断られて」

 お手伝いのKさんはお世辞にも運転が上手とは言えない。深夜、高速道路を大阪に向かって事故を起こさなかったのは不幸中の幸いだが、死亡したイブを診た獣医師は「老衰だろう」と伝えた。人間であれば不審死が疑われたのかもしれないが、よほどのことがない限り、犬を解剖して死因を究明することはないのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  10. 10

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

もっと見る