マエケン、大竹、栗原、永川…広島が頭を抱えるオフの“大銭闘”

公開日: 更新日:

 19日、退任騒動に揺れた広島・野村監督の続投が決定した。野村監督は、健康上の問題を理由に今季限りでの退団を決意するも、松田オーナーに「頭が固い」と説得され、翻意したという。

 球団としては「これにて一件落着」といいたいところだが、次は選手との契約問題が待ち受けている。

 その最たるがエースの前田健太。今季は15勝をマークし、最優秀防御率(2・10)のタイトルを獲得。肩や背中などに痛みを抱えながらも、WBC出場に始まりCSまでフル回転した。メジャー挑戦も視野に入れているだけに、今季年俸2億1000万円プラス出来高からの大幅アップを要求してもおかしくない。

「マエケンだけじゃない」とは、某広島OB。
「2年連続2ケタ勝利を挙げた大竹は国内FA権の行使も視野に入れている。年俸1億円と手頃なことから中日やDeNAなど複数球団が動向に注目。広島も残留させるなら、複数年の提示は必要だろう。ここ2年は故障や不振に悩んだ栗原も、ヤクルトが関心を示しているという話もある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  7. 7

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  8. 8

    黒川氏「訓告」は官邸意向 退職金6700万円は“口止め料”か

  9. 9

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る