マエケン、大竹、栗原、永川…広島が頭を抱えるオフの“大銭闘”

公開日:  更新日:

 19日、退任騒動に揺れた広島・野村監督の続投が決定した。野村監督は、健康上の問題を理由に今季限りでの退団を決意するも、松田オーナーに「頭が固い」と説得され、翻意したという。

 球団としては「これにて一件落着」といいたいところだが、次は選手との契約問題が待ち受けている。

 その最たるがエースの前田健太。今季は15勝をマークし、最優秀防御率(2・10)のタイトルを獲得。肩や背中などに痛みを抱えながらも、WBC出場に始まりCSまでフル回転した。メジャー挑戦も視野に入れているだけに、今季年俸2億1000万円プラス出来高からの大幅アップを要求してもおかしくない。

「マエケンだけじゃない」とは、某広島OB。
「2年連続2ケタ勝利を挙げた大竹は国内FA権の行使も視野に入れている。年俸1億円と手頃なことから中日やDeNAなど複数球団が動向に注目。広島も残留させるなら、複数年の提示は必要だろう。ここ2年は故障や不振に悩んだ栗原も、ヤクルトが関心を示しているという話もある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  7. 7

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  8. 8

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る