中4日登板で被弾…広島・マエケンに米球界の期待と不安

公開日: 更新日:

「体調が万全だろうがなかろうが、結果が全て」
 広島の前田健(25)が悔しさをにじませた。

 5回3失点で負け投手となった17日の巨人戦。中4日で挑んだエースの投球は本来の出来ではなかった。三回、先頭の亀井に安打を許すと、ハリを感じたのか、背中を触るしぐさを見せた。そして伏兵の寺内に甘く入ったスライダーを左翼席に運ばれた。

 野村監督も「疲れ? そうですね。この1カ月半、無理をしてもらった」とかばった。

 今季は15勝をマークし、最優秀防御率(2.10)のタイトルを獲得したが満身創痍(そうい)という。WBCでは右肩痛を抱えながらフル回転。シーズン中は4月に右肩痛、6月には右脇腹痛で2度、登録抹消された。今季終盤は巨人戦に中4日で登板。肩や背中に不安を抱えつつ結果を残した精神力は立派だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  6. 6

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  7. 7

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    “映え写真”のために手伝うフリ…身バレした女性が大炎上

  10. 10

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

もっと見る