中4日登板で被弾…広島・マエケンに米球界の期待と不安

公開日: 更新日:

「体調が万全だろうがなかろうが、結果が全て」
 広島の前田健(25)が悔しさをにじませた。

 5回3失点で負け投手となった17日の巨人戦。中4日で挑んだエースの投球は本来の出来ではなかった。三回、先頭の亀井に安打を許すと、ハリを感じたのか、背中を触るしぐさを見せた。そして伏兵の寺内に甘く入ったスライダーを左翼席に運ばれた。

 野村監督も「疲れ? そうですね。この1カ月半、無理をしてもらった」とかばった。

 今季は15勝をマークし、最優秀防御率(2.10)のタイトルを獲得したが満身創痍(そうい)という。WBCでは右肩痛を抱えながらフル回転。シーズン中は4月に右肩痛、6月には右脇腹痛で2度、登録抹消された。今季終盤は巨人戦に中4日で登板。肩や背中に不安を抱えつつ結果を残した精神力は立派だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

もっと見る