大学ナンバーワン右腕を引き当てた 広島スカウトの「苦節20年」

公開日: 更新日:

 大学ナンバーワン右腕の大瀬良大地(九州共立大=22)はヤクルト、広島、阪神の3球団が1位入札。当たりクジを引いた瞬間、右手でガッツポーズをつくったのは、小川監督でも、和田監督でもなく、広島の田村恵スカウト(37)だった。スカウトが抽選に臨んだのはドラフト史上初だ。

 樟南高(鹿児島)時代は、捕手兼キャプテンとして3年夏の甲子園で準優勝。小柄でポッチャリした黒縁メガネの選手だった。

 その年(94年)のドラフト6位で広島に入団するも、プロ8年間の通算成績は62試合に出場して80打数16安打の打率2割ちょうど。もっぱら二軍暮らしだった。

「足、肩、打撃と、突出したものがあったわけではない。磨けば光る原石を取るカープが、なんだって田村を指名したのかと我々もクビをひねったくらい。甲子園ではつらつとプレー、マジメな風貌が松田オーナーの琴線に触れたようだ。とにかく現役時代から、バカがつくくらいマジメな男だった」とは当時を知るベテラン記者だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  3. 3

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  4. 4

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  5. 5

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  6. 6

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  7. 7

    何があったのか…嵐「活動休止」櫻井翔の“予告”と複雑背景

  8. 8

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  9. 9

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  10. 10

    「こりゃめでてーな」伊藤こう大が語る“破滅的”貧乏生活

もっと見る