大学ナンバーワン右腕を引き当てた 広島スカウトの「苦節20年」

公開日:  更新日:

 大学ナンバーワン右腕の大瀬良大地(九州共立大=22)はヤクルト、広島、阪神の3球団が1位入札。当たりクジを引いた瞬間、右手でガッツポーズをつくったのは、小川監督でも、和田監督でもなく、広島の田村恵スカウト(37)だった。スカウトが抽選に臨んだのはドラフト史上初だ。

 樟南高(鹿児島)時代は、捕手兼キャプテンとして3年夏の甲子園で準優勝。小柄でポッチャリした黒縁メガネの選手だった。

 その年(94年)のドラフト6位で広島に入団するも、プロ8年間の通算成績は62試合に出場して80打数16安打の打率2割ちょうど。もっぱら二軍暮らしだった。

「足、肩、打撃と、突出したものがあったわけではない。磨けば光る原石を取るカープが、なんだって田村を指名したのかと我々もクビをひねったくらい。甲子園ではつらつとプレー、マジメな風貌が松田オーナーの琴線に触れたようだ。とにかく現役時代から、バカがつくくらいマジメな男だった」とは当時を知るベテラン記者だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  7. 7

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  8. 8

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る