• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大学ナンバーワン右腕を引き当てた 広島スカウトの「苦節20年」

 大学ナンバーワン右腕の大瀬良大地(九州共立大=22)はヤクルト、広島、阪神の3球団が1位入札。当たりクジを引いた瞬間、右手でガッツポーズをつくったのは、小川監督でも、和田監督でもなく、広島の田村恵スカウト(37)だった。スカウトが抽選に臨んだのはドラフト史上初だ。

 樟南高(鹿児島)時代は、捕手兼キャプテンとして3年夏の甲子園で準優勝。小柄でポッチャリした黒縁メガネの選手だった。

 その年(94年)のドラフト6位で広島に入団するも、プロ8年間の通算成績は62試合に出場して80打数16安打の打率2割ちょうど。もっぱら二軍暮らしだった。

「足、肩、打撃と、突出したものがあったわけではない。磨けば光る原石を取るカープが、なんだって田村を指名したのかと我々もクビをひねったくらい。甲子園ではつらつとプレー、マジメな風貌が松田オーナーの琴線に触れたようだ。とにかく現役時代から、バカがつくくらいマジメな男だった」とは当時を知るベテラン記者だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  10. 10

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

もっと見る