マリナーズ岩隈 チームトップの好成績支えたGMの配慮

公開日: 更新日:

 今季はサイ・ヤング賞候補に挙げられる活躍を見せながら、どこか物足りない。メジャー2年目を終えたマリナーズ・岩隈久志(32)のことだ。

 33試合に登板して14勝6敗、防御率2.66。勝ち星、防御率ともチームトップで、エース右腕ヘルナンデスとともに投手陣を牽引した。防御率のタイトルは逃したものの、リーグトップのタイガース・サンチェス(2.57)とは0.09差。2年目にしてオールスターにも選出された(登板はなし)。

 シーズンを通じてローテーションを守り抜いたとはいえ、これにはカラクリがある。楽天時代に右肩の故障歴があるため、ズレンシックGMの方針で1試合あたりの球数を抑えられていた。メジャーの先発投手は1試合100球が交代のメドといわれるが、今季の岩隈は85球前後でマウンドを譲ることも。1試合平均94球で、ヘルナンデスの102球と比べても少なかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る