マリナーズ岩隈 チームトップの好成績支えたGMの配慮

公開日: 更新日:

 今季はサイ・ヤング賞候補に挙げられる活躍を見せながら、どこか物足りない。メジャー2年目を終えたマリナーズ・岩隈久志(32)のことだ。

 33試合に登板して14勝6敗、防御率2.66。勝ち星、防御率ともチームトップで、エース右腕ヘルナンデスとともに投手陣を牽引した。防御率のタイトルは逃したものの、リーグトップのタイガース・サンチェス(2.57)とは0.09差。2年目にしてオールスターにも選出された(登板はなし)。

 シーズンを通じてローテーションを守り抜いたとはいえ、これにはカラクリがある。楽天時代に右肩の故障歴があるため、ズレンシックGMの方針で1試合あたりの球数を抑えられていた。メジャーの先発投手は1試合100球が交代のメドといわれるが、今季の岩隈は85球前後でマウンドを譲ることも。1試合平均94球で、ヘルナンデスの102球と比べても少なかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原因不明…三浦半島の“謎の異臭”は首都直下地震の前兆か

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    東京湾では48時間に地震7回も…アプリで助かる率を上げる

  4. 4

    丹羽宇一郎氏「コロナ後はさらなる危機が待ち構えている」

  5. 5

    東京湾で続く不気味な揺れ…コロナ禍に首都直下地震の足音

  6. 6

    NHK「あさイチ」での近江友里恵は有働由美子を超えた?

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    麻生「民度発言」海外も報道 指摘された日本の高い死亡率

  9. 9

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  10. 10

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

もっと見る