• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マリナーズ岩隈 チームトップの好成績支えたGMの配慮

 今季はサイ・ヤング賞候補に挙げられる活躍を見せながら、どこか物足りない。メジャー2年目を終えたマリナーズ・岩隈久志(32)のことだ。

 33試合に登板して14勝6敗、防御率2.66。勝ち星、防御率ともチームトップで、エース右腕ヘルナンデスとともに投手陣を牽引した。防御率のタイトルは逃したものの、リーグトップのタイガース・サンチェス(2.57)とは0.09差。2年目にしてオールスターにも選出された(登板はなし)。

 シーズンを通じてローテーションを守り抜いたとはいえ、これにはカラクリがある。楽天時代に右肩の故障歴があるため、ズレンシックGMの方針で1試合あたりの球数を抑えられていた。メジャーの先発投手は1試合100球が交代のメドといわれるが、今季の岩隈は85球前後でマウンドを譲ることも。1試合平均94球で、ヘルナンデスの102球と比べても少なかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る