広島「ドラ1」大瀬良 台湾戦で露呈した“欠点”

公開日: 更新日:

「代表戦で緊張もしただろうが、大瀬良は気持ちを前面に出して投げる、いわゆる『パワー投手』。それでも下半身を使い、体重移動を利用して投げることがまだできない。低めのボールは球威、キレが落ちるのです」

 プロでは、低めのボールを効果的に使えるかが成功のカギを握る。スカウトによると大瀬良はその部分で「進化の余地が残されている」という。

 アマチュア野球に詳しい関係者もこう言う。

「大瀬良はスライダーもカーブも持っているが、『カーブは投げないのか?』と聞いたら、『緩いボールを投げて打たれたら悔いが残る』と話していた。大学時代は敵なしで自分の思い通りに投げても抑えられたが、真ん中から高めのボールと、低めのボールとの球威の差を埋めるには、低めにカーブやスライダーを投じ、緩急を使うのが効果的といえる。一気にレベルが上がるプロで、大瀬良は自分のスタイルを貫き通せるのか。1年間ローテを守って勝てる投手になるには、少し時間が必要かもしれない」

 広島では即戦力として活躍が期待されているが、長い目で見た方がいいかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜にカジノ不要 藤木幸夫氏が危惧する「戦前に似た空気」

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  4. 4

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  5. 5

    マエケンから一発の大谷 球宴HR競争出場をハーパー後押し

  6. 6

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  7. 7

    八幡カオルさんは試行錯誤の末“セクシー写真集”を自費出版

  8. 8

    大谷の打撃をエ軍首脳陣“放任”へ 凡打での助言が今季激減

  9. 9

    「断熱オタク」に聞いた エコ住宅がなぜ広まらないのか?

  10. 10

    コース設定から賞金にまで…全米OP主催のUSGAに不満噴出

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る