大谷も藤浪も不在…小久保JAPANが“地味メンバー”になった理由

公開日: 更新日:

 えらい地味なメンツになったもんだ。

 28日にNPBから発表された小久保代表監督率いる台湾との強化試合(11月8~10日・台北)の代表メンバー。今回は26歳以下の若手25人が選ばれた(日本シリーズ中の巨人楽天の選手はシリーズ後に発表)。

 メンバーを見て、何じゃこりゃ? と思ったムキも多いに違いない。中田翔(日ハム)、浅村栄斗西武)といった次代を担う中心選手も選ばれた一方、注目の大谷翔平(日ハム)、藤浪晋太郎阪神)が揃って不選出だ。

 今回の親善試合のメンバーは、台湾側同様、プロアマ混成チームのため、アマ選手も含まれている。それはそれとしても、新生・小久保ジャパンの初陣としては飛車角落ちの感が否めない。

 今回の大谷、藤浪の“落選”は、あくまで代表よりも自らの調整を優先しているようだ。大谷は日ハムの栗山監督が「選ばれないでしょ、この成績では」と話していたが、現在は投手中心でフェニックスリーグに参戦中。二刀流を成功させるため、奮闘している。藤浪にしても、新人年からフル回転したこともあり、疲労回復にあてたいという球団の方針もあるようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る