• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大谷も藤浪も不在…小久保JAPANが“地味メンバー”になった理由

 えらい地味なメンツになったもんだ。

 28日にNPBから発表された小久保代表監督率いる台湾との強化試合(11月8~10日・台北)の代表メンバー。今回は26歳以下の若手25人が選ばれた(日本シリーズ中の巨人、楽天の選手はシリーズ後に発表)。

 メンバーを見て、何じゃこりゃ? と思ったムキも多いに違いない。中田翔(日ハム)、浅村栄斗(西武)といった次代を担う中心選手も選ばれた一方、注目の大谷翔平(日ハム)、藤浪晋太郎(阪神)が揃って不選出だ。

 今回の親善試合のメンバーは、台湾側同様、プロアマ混成チームのため、アマ選手も含まれている。それはそれとしても、新生・小久保ジャパンの初陣としては飛車角落ちの感が否めない。

 今回の大谷、藤浪の“落選”は、あくまで代表よりも自らの調整を優先しているようだ。大谷は日ハムの栗山監督が「選ばれないでしょ、この成績では」と話していたが、現在は投手中心でフェニックスリーグに参戦中。二刀流を成功させるため、奮闘している。藤浪にしても、新人年からフル回転したこともあり、疲労回復にあてたいという球団の方針もあるようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る