広島「ドラ1」大瀬良 台湾戦で露呈した“欠点”

公開日: 更新日:

<「低めに進化の余地」>

「潜在能力は非常に高い。でも、1年目から2ケタ勝てるかといえば……」
 在京球団のスカウトが声を潜めてこう言った。日本代表の台湾との強化試合で登板した広島ドラフト1位・大瀬良大地(22=九州共立大)のことだ。

 2戦目となる9日、「大学ナンバーワン右腕」は五回から2番手で登板。自己最速タイの153キロをマークするなど、2回を1安打無失点に抑えて勝ち投手に。テレビでゲスト解説をしていた広島の野村監督も「十分だと思う」と合格点を与えた。

 プロとの混成チームで、堂々たる投げっぷりも、未完成の部分も垣間見られた。全30球で投げた球種は直球とカットボールのみ。力のある直球が大きな武器であるが、“格下”の台湾打線相手に空振りを取れたのはわずか2球だけだった。前出のスカウトが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    京アニ放火犯を救った1000万円の治療費 誰が負担するのか

  7. 7

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  8. 8

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  9. 9

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  10. 10

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

もっと見る