広島「ドラ1」大瀬良 台湾戦で露呈した“欠点”

公開日: 更新日:

<「低めに進化の余地」>

「潜在能力は非常に高い。でも、1年目から2ケタ勝てるかといえば……」
 在京球団のスカウトが声を潜めてこう言った。日本代表の台湾との強化試合で登板した広島のドラフト1位・大瀬良大地(22=九州共立大)のことだ。

 2戦目となる9日、「大学ナンバーワン右腕」は五回から2番手で登板。自己最速タイの153キロをマークするなど、2回を1安打無失点に抑えて勝ち投手に。テレビでゲスト解説をしていた広島の野村監督も「十分だと思う」と合格点を与えた。

 プロとの混成チームで、堂々たる投げっぷりも、未完成の部分も垣間見られた。全30球で投げた球種は直球とカットボールのみ。力のある直球が大きな武器であるが、“格下”の台湾打線相手に空振りを取れたのはわずか2球だけだった。前出のスカウトが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  3. 3

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  4. 4

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

  5. 5

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  6. 6

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  7. 7

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  8. 8

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  9. 9

    メッセンジャー黒田有さん 文化住宅で過ごした壮絶幼少期

  10. 10

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る