完治まで1カ月…ダルを悩ます「投げるたび血だらけ」の原因

公開日:  更新日:

 首の張りが癒えたと思ったら、今度は指の裂傷である。
 レンジャーズ・ダルビッシュ有(27)が投げるたびに出血を繰り返している。

 ここ2試合の登板ではいずれも出血。16日(日本時間17日)のマリナーズ戦では100球を超えた七回に親指の付け根付近から血が滴り始め、球審に赤く染まったボールの交換を要求したほどだった。

 投手が、血まめを潰したり、爪が割れるケースは頻繁にあるが、ダルのように裂傷を負うのは珍しい。投げるたびに血だらけになるのはどういうわけか。

■投手が一度は通る道

「実は多くの投手が一度は経験することで、決してレアケースではありません」とJスカイスポーツのMLB中継で解説を務める評論家の三井浩二氏がこう続ける。

「原因として考えられるのは空気が乾燥していてボールが滑るため、力んで指がかかりすぎて、人さし指や中指の爪で親指の付け根付近を切ってしまうのです。ボールをリリースした後、普通なら親指が中指と薬指の間を抜けるものですが、ボールが滑ると親指に力が入って伸びたままの状態になり、人さし指や中指で傷つけてしまうのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る