日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ダル 唯一メジャー無失点の裏に「5キロ減」と「下半身強化」

 160億円右腕の田中将大(25)を上回る好スタートを切ったのがレンジャーズのダルビッシュ有(27)だ。

 11日(日本時間12日)のアストロズ戦は8回を1安打1四球無失点。6日(同7日)のレイズ戦では7回を無失点に抑えており、これで計15回無失点。12日現在、規定投球回をクリアして、なおかつ開幕から点を取られていない投手はメジャーでダルしかいない。

 好スタートの要因のひとつはオフの肉体改造だろう。頬はこけ、アゴのラインが一層シャープになったのはテレビでも一目瞭然だ。

 質のいい筋肉に変えるため、オフには肉から野菜中心のメニューにして体質改善を図った。その結果、大幅な減量に成功した。昨季のレンジャーズの公式ホームページに掲載された体重は102キロ。今季は97キロと記されており、オフの間に5キロ減量したことになる。いや、実際はそれ以上、痩せたという声もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事