ダル 唯一メジャー無失点の裏に「5キロ減」と「下半身強化」

公開日:  更新日:

 160億円右腕の田中将大(25)を上回る好スタートを切ったのがレンジャーズのダルビッシュ有(27)だ。

 11日(日本時間12日)のアストロズ戦は8回を1安打1四球無失点。6日(同7日)のレイズ戦では7回を無失点に抑えており、これで計15回無失点。12日現在、規定投球回をクリアして、なおかつ開幕から点を取られていない投手はメジャーでダルしかいない。

 好スタートの要因のひとつはオフの肉体改造だろう。頬はこけ、アゴのラインが一層シャープになったのはテレビでも一目瞭然だ。

 質のいい筋肉に変えるため、オフには肉から野菜中心のメニューにして体質改善を図った。その結果、大幅な減量に成功した。昨季のレンジャーズの公式ホームページに掲載された体重は102キロ。今季は97キロと記されており、オフの間に5キロ減量したことになる。いや、実際はそれ以上、痩せたという声もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る