日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

次はあるのか? 二軍落ち日ハム・斎藤佑を待つ“クビ宣告”

 日本ハムの斎藤佑樹(25)が二軍で調整していたある日のこと。

 一軍首脳陣のひとりが、鎌ケ谷のスタッフにファームでの様子を問い合わせた。すると鎌ケ谷のスタッフからこんな返事が返ってきた。

「う~ん、まだまだ目の色を変えてるという感じじゃありませんね。夜間練習をするとか、もう少し自分を追い込んでもいい気がしますけど」

 このままじゃマズいと、しゃかりきになるわけじゃない。二軍スタッフの目には、斎藤が物足りないと映った。

「そりゃ、そうでしょう。あの子(斎藤)は自分の置かれた立場とか、状況がまったく分かっていないんですから」と、さる日ハムOBが引き取ってこう続ける。

「首脳陣のひとりがあるとき、斎藤を呼んで、おまえの球威じゃ、内角ギリギリの際どいコースに投げなければプロではやっていけない、打者は怖さがないからみな踏み込んで打ってくるじゃないかと、懇々と言って聞かせたそうです。ところがボクにはそんな球は必要ありませんからと、ピシャリとハネつけられたというのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事