• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今季初失点で暗雲…ダル 制球以上に深刻な指の“状態”

 レンジャーズ・ダルビッシュ有(27)に暗雲だ。

 16日のマリナーズ戦に今季2勝目をかけて登板。相手のエースでサイ・ヤング賞(10年)右腕との投げ合いが注目されたが、二回、3長単打と四球、味方の拙守にも足を引っ張られて2点の先制を許した。ここまで2試合はいずれも無失点を続けてきたが、3戦目のマウンドで今季初失点である。7回を7安打2失点、8三振で降板。勝敗は付かなかった。

■ユニホームを真っ赤に染めながら続投

 この日のダルは変化球が抜けるなど、制球に苦しんだが、それ以上に深刻なのが指の状態だ。

 七回、2番ミラーをスライダーで二ゴロに打ち取った直後に親指の付け根から出血。ユニホームの腰のあたりを真っ赤に染めながら続投した。患部を口で拭うなどしたが、出血は止まらず、審判にボールの交換を要求したほどだった。最後はカノを右飛に打ち取り、事なきを得たが、前回のアストロズ戦でも出血しているだけに、今後も再発しかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る