日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今季初失点で暗雲…ダル 制球以上に深刻な指の“状態”

 レンジャーズ・ダルビッシュ有(27)に暗雲だ。

 16日のマリナーズ戦に今季2勝目をかけて登板。相手のエースでサイ・ヤング賞(10年)右腕との投げ合いが注目されたが、二回、3長単打と四球、味方の拙守にも足を引っ張られて2点の先制を許した。ここまで2試合はいずれも無失点を続けてきたが、3戦目のマウンドで今季初失点である。7回を7安打2失点、8三振で降板。勝敗は付かなかった。

■ユニホームを真っ赤に染めながら続投

 この日のダルは変化球が抜けるなど、制球に苦しんだが、それ以上に深刻なのが指の状態だ。

 七回、2番ミラーをスライダーで二ゴロに打ち取った直後に親指の付け根から出血。ユニホームの腰のあたりを真っ赤に染めながら続投した。患部を口で拭うなどしたが、出血は止まらず、審判にボールの交換を要求したほどだった。最後はカノを右飛に打ち取り、事なきを得たが、前回のアストロズ戦でも出血しているだけに、今後も再発しかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事