マー君「序盤失点」続きで囁かれる“正妻”との不仲

公開日: 更新日:

 田中将大(25)に「離婚」の可能性が出てきた。といっても、まい夫人とどうこうなるわけではない。ヤンキースの正捕手・マッキャン(30)とのコンビが解消されるかもしれないというのだ。

 田中はここまで、2試合、計14回に投げて6失点(防御率3.21)。2試合とも「クオリティースタート(6回3失点以内)」ながら、いずれも序盤、一発を浴びて3点ずつ失った。

 本人はマッキャンのリードや配球に関して特に言及していないものの、「バッテリーの呼吸が合っていないのは一目瞭然だった」と、ニューヨークメディアのひとりがこう続ける。

■「初球からマネーピッチ」

「象徴的なシーンは初戦ですよ。マッキャンは立ち上がり、変化球中心のリードだった。球場によって、ボールの感触もマウンドの傾斜も異なるメジャーの、しかもタナカにとってはデビュー戦です。ただでさえ入り方が難しいのに、初球からマネーピッチ(決め球)のスライダーやスプリットを要求していた。あれじゃ、タナカがリズムをつかめるはずがない。3点を失った後に、タナカとマッキャンがベンチで通訳を介して話し合っていた。タナカがツーシームやカッターなどストレート系の球を多投して、自分のペースをつかんだのはそれから。おそらくマッキャンに注文を出したのでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜を見る会前夜 安倍事務所とニューオータニに裏取引疑惑

  2. 2

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  3. 3

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  4. 4

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  5. 5

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  6. 6

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    ソフトバンク1位・佐藤直樹 ドラフト当日に上がった悲鳴

  9. 9

    「桜を見る会」問題 国会では真相の究明のみ全力を尽くせ

  10. 10

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る