• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マー君「序盤失点」続きで囁かれる“正妻”との不仲

 田中将大(25)に「離婚」の可能性が出てきた。といっても、まい夫人とどうこうなるわけではない。ヤンキースの正捕手・マッキャン(30)とのコンビが解消されるかもしれないというのだ。

 田中はここまで、2試合、計14回に投げて6失点(防御率3.21)。2試合とも「クオリティースタート(6回3失点以内)」ながら、いずれも序盤、一発を浴びて3点ずつ失った。

 本人はマッキャンのリードや配球に関して特に言及していないものの、「バッテリーの呼吸が合っていないのは一目瞭然だった」と、ニューヨークメディアのひとりがこう続ける。

■「初球からマネーピッチ」

「象徴的なシーンは初戦ですよ。マッキャンは立ち上がり、変化球中心のリードだった。球場によって、ボールの感触もマウンドの傾斜も異なるメジャーの、しかもタナカにとってはデビュー戦です。ただでさえ入り方が難しいのに、初球からマネーピッチ(決め球)のスライダーやスプリットを要求していた。あれじゃ、タナカがリズムをつかめるはずがない。3点を失った後に、タナカとマッキャンがベンチで通訳を介して話し合っていた。タナカがツーシームやカッターなどストレート系の球を多投して、自分のペースをつかんだのはそれから。おそらくマッキャンに注文を出したのでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  7. 7

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  8. 8

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

もっと見る