マー君「序盤失点」続きで囁かれる“正妻”との不仲

公開日:  更新日:

 田中将大(25)に「離婚」の可能性が出てきた。といっても、まい夫人とどうこうなるわけではない。ヤンキースの正捕手・マッキャン(30)とのコンビが解消されるかもしれないというのだ。

 田中はここまで、2試合、計14回に投げて6失点(防御率3.21)。2試合とも「クオリティースタート(6回3失点以内)」ながら、いずれも序盤、一発を浴びて3点ずつ失った。

 本人はマッキャンのリードや配球に関して特に言及していないものの、「バッテリーの呼吸が合っていないのは一目瞭然だった」と、ニューヨークメディアのひとりがこう続ける。

■「初球からマネーピッチ」

「象徴的なシーンは初戦ですよ。マッキャンは立ち上がり、変化球中心のリードだった。球場によって、ボールの感触もマウンドの傾斜も異なるメジャーの、しかもタナカにとってはデビュー戦です。ただでさえ入り方が難しいのに、初球からマネーピッチ(決め球)のスライダーやスプリットを要求していた。あれじゃ、タナカがリズムをつかめるはずがない。3点を失った後に、タナカとマッキャンがベンチで通訳を介して話し合っていた。タナカがツーシームやカッターなどストレート系の球を多投して、自分のペースをつかんだのはそれから。おそらくマッキャンに注文を出したのでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る