• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<プレビュー>イングランド登場 6月20日の見どころ

■コロンビアvsコートジボワール (午前1時/NHK総合)

 初戦を白星で飾ったチーム同士の対戦。勝てば決勝トーナメント進出が濃厚になる。

 コートジボワールは初戦の日本戦勝利も、3得点(失点0)のコロンビアに比べ、得失点差はわずかに「1」。同日に行われるギリシャ―日本戦の結果次第では、グループリーグ突破の雲行きが怪しくなる。

 守備を固めながらも得点が要求される。この相反する状況をどう打開していくのか。エースFWドログバ(36)の投入時期を含め、知将・ラムシ監督の采配にも注目が集まる。

■ウルグアイvsイングランド (午前4時/フジテレビ)

 優勝候補の一角でありながら、初戦のコスタリカ戦でまさかの逆転負けを喫したウルグアイ。グループDで最大のライバルといわれるイタリア戦を前に、これ以上の負けは許されない。

 試合のカギを握るのは、南米予選で11ゴールを挙げ得点王に輝いたFWスアレス(27)の状態だ。右ヒザ故障で初戦は欠場も、イングランド戦からの復帰が濃厚。ウルグアイの「救世主」になれるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る