<プレビュー>イングランド登場 6月20日の見どころ

公開日:  更新日:

■コロンビアvsコートジボワール (午前1時/NHK総合)

 初戦を白星で飾ったチーム同士の対戦。勝てば決勝トーナメント進出が濃厚になる。

 コートジボワールは初戦の日本戦勝利も、3得点(失点0)のコロンビアに比べ、得失点差はわずかに「1」。同日に行われるギリシャ―日本戦の結果次第では、グループリーグ突破の雲行きが怪しくなる。

 守備を固めながらも得点が要求される。この相反する状況をどう打開していくのか。エースFWドログバ(36)の投入時期を含め、知将・ラムシ監督の采配にも注目が集まる。

■ウルグアイvsイングランド (午前4時/フジテレビ)

 優勝候補の一角でありながら、初戦のコスタリカ戦でまさかの逆転負けを喫したウルグアイ。グループDで最大のライバルといわれるイタリア戦を前に、これ以上の負けは許されない。

 試合のカギを握るのは、南米予選で11ゴールを挙げ得点王に輝いたFWスアレス(27)の状態だ。右ヒザ故障で初戦は欠場も、イングランド戦からの復帰が濃厚。ウルグアイの「救世主」になれるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  5. 5

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

もっと見る