• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“戦術オタク”脱却 オランダを覚醒させたファンハール采配

 初戦のスペイン戦で5ゴールの圧勝劇をみせたオランダ代表が、この日のオーストラリア戦でも3ゴールを挙げて快勝。決勝トーナメント進出を決めた。

 前半20分、センターサークル付近でボールを奪取したFWロッベン(30)が、そのまま相手を振り切り独走。トップスピードでゴール前までボールを運び、オランダが先制点を挙げた。

 前半21分、後半9分とオーストラリアにゴールを奪われ逆転を許したが、嫌なムードをオランダのエースが吹き飛ばす。後半13分、ゴール前の混戦からスルーパスを受けたFWファンペルシー(30)が左足で豪快なゴール。23分には途中出場のFWデパイ(20)が、ペナルティーエリア外からミドルシュートを突き刺し、3―2で逃げ切った。

 2試合で8得点のオランダ攻撃陣の破壊力は凄まじいが、それを引き出しているファンハール監督(62=顔写真)の采配も見逃せない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事