“戦術オタク”脱却 オランダを覚醒させたファンハール采配

公開日: 更新日:

 初戦のスペイン戦で5ゴールの圧勝劇をみせたオランダ代表が、この日のオーストラリア戦でも3ゴールを挙げて快勝。決勝トーナメント進出を決めた。

 前半20分、センターサークル付近でボールを奪取したFWロッベン(30)が、そのまま相手を振り切り独走。トップスピードでゴール前までボールを運び、オランダが先制点を挙げた。

 前半21分、後半9分とオーストラリアにゴールを奪われ逆転を許したが、嫌なムードをオランダのエースが吹き飛ばす。後半13分、ゴール前の混戦からスルーパスを受けたFWファンペルシー(30)が左足で豪快なゴール。23分には途中出場のFWデパイ(20)が、ペナルティーエリア外からミドルシュートを突き刺し、3―2で逃げ切った。

 2試合で8得点のオランダ攻撃陣の破壊力は凄まじいが、それを引き出しているファンハール監督(62=顔写真)の采配も見逃せない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  4. 4

    愚策「Go To」に地方戦慄 コロナ病床不足のワースト道府県

  5. 5

    「雪駄の雪」は公明党ではなく自民党の方ではないのか?

  6. 6

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  7. 7

    小池知事の肝いり感染防止策は“ザル”…夜の街からは憤りが

  8. 8

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  9. 9

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  10. 10

    日本政府が恐怖の見切り発車「GoTo」感染拡大へまっしぐら

もっと見る