“降格”なのか? PK誤審物議の西村氏が「第4審判」に

公開日:  更新日:

 W杯開幕戦(ブラジル対クロアチア)で物議を醸すPK判定を下した日本の西村雄一主審(42)が、日本時間21日のグループE第2戦(ホンジュラス対エクアドル)で「第4審判」を務めることが19日、明らかになった。

 開幕戦で日本人初となる主審を務めた西村氏は、ブラジルFWに対するクロアチアDFのファウルを取ったが、その後の映像でブラジルFWが自ら倒れたように見えたことから、「誤審では?」と議論を呼んでいた。

 西村氏は、前回大会でも控え扱いの第4審判になったことはあるものの、いずれも準決勝以上のこと。グループリーグ3試合と準々決勝ではいずれも主審だったことを考えれば、今回の第4審判は開幕戦のジャッジをFIFAが問題視したことによる事実上の「降格」ともいえる。

 ブラジルの地元テレビでは先日、開幕戦後に移動するリオデジャネイロ空港で西村氏がクロアチアサポーターに威圧行為を受けたと報じられていた。

 西村氏の受難はまだ続く?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る