“降格”なのか? PK誤審物議の西村氏が「第4審判」に

公開日:  更新日:

 W杯開幕戦(ブラジル対クロアチア)で物議を醸すPK判定を下した日本の西村雄一主審(42)が、日本時間21日のグループE第2戦(ホンジュラス対エクアドル)で「第4審判」を務めることが19日、明らかになった。

 開幕戦で日本人初となる主審を務めた西村氏は、ブラジルFWに対するクロアチアDFのファウルを取ったが、その後の映像でブラジルFWが自ら倒れたように見えたことから、「誤審では?」と議論を呼んでいた。

 西村氏は、前回大会でも控え扱いの第4審判になったことはあるものの、いずれも準決勝以上のこと。グループリーグ3試合と準々決勝ではいずれも主審だったことを考えれば、今回の第4審判は開幕戦のジャッジをFIFAが問題視したことによる事実上の「降格」ともいえる。

 ブラジルの地元テレビでは先日、開幕戦後に移動するリオデジャネイロ空港で西村氏がクロアチアサポーターに威圧行為を受けたと報じられていた。

 西村氏の受難はまだ続く?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る