星野監督現場復帰も…最下位楽天のよりどころは松井裕のみ

公開日:  更新日:

 喜びを隠し切れないと言わんばかりだった。24日の練習から現場復帰した楽天の星野監督(67)。Tシャツ短パン姿で球場入りする際に「正座して待っとれよ」と軽口を叩くと、戦線離脱した5月25日以来となる、約2カ月ぶりのユニホーム姿でグラウンドに登場。次々に挨拶に来る選手に笑顔を見せた。

 さらにテレビカメラ5台、報道陣50人の前で「今日は練習日やぞ?」とわざとらしく目を見張るなど、「らしさ」も見せた。

 もっとも、現場復帰したからといって明るい材料は少ない。チームは借金14で5位ロッテに2・5ゲーム差をつけられた最下位。昨季24連勝を達成した田中(現ヤンキース)のような絶対的なエースも不在だ。

 チームの主砲を務めるジョーンズは、むしろマギー(現マーリンズ)の穴が大きいと言う。マギーは昨季、全144試合に出場し、28本塁打、93打点、打率・292と活躍。70四球を選ぶなど出塁率も・376と高い数字を残した。「タナカが投げるのは1週間に1回だけど、マギーは毎日試合に出ていた。この差は大きい」とはジョーンズの弁だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る