楽天・松井 コントロール難より心配な「八方美人」の悪い癖

公開日:  更新日:

 人目を気にするのはまだ早い。

 一軍復帰戦となった19日の広島戦で、4回5四球3失点とボロボロだった楽天の松井裕樹(18)。相変わらずのノーコン病に、正捕手の嶋も「四球を怖がって腕が振れなくなる」と苦言だ。

 その言葉通り、松井はピンチになるとチェンジアップを多投。高卒1年目らしい若さはなく、勝ちを意識して小手先でかわそうとする投球だ。

 楽天は昨オフにエースの田中がヤンキースに移籍。高卒1年目の松井も戦力として考えている苦しい台所事情がある。勝ちにこだわる投球をしてしまうのも無理はないが、そもそもこの18歳は以前から周囲の目を気にした言動が多い。

 中学時代は松井目当てでグラウンドを訪れるスカウトの姿を見て、「オレだけじゃなくて他のみんなも見てほしいのに」とチームメートにこぼしていた。松井は当時から仲良し集団の一員でいることを好んだ。その中で浮いてしまうことの恐れが、自分をアピールすることより先に頭をよぎるタイプなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  4. 4

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  5. 5

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

もっと見る