5敗目も「自責点ゼロ」 楽天・松井裕はここがスタートライン

公開日:  更新日:

 思わず同姓の先輩を恨んだに違いない。

 30日のソフトバンク戦に先発した楽天の松井裕樹(18)。五回までわずか1安打に抑えるも、六回2死に三ゴロに打ち取ったと思った当たりを三塁の松井稼が悪送球。直後、内川に2点適時打を浴び、自責ゼロながら7回3安打2失点で今季5敗目を喫した。先発初勝利はまたもおあずけだ。

 不運に泣いたとはいえ、気になるのが盗塁数。この日、松井が出した走者は6人で、そのうち3盗塁もされた。プロデビュー戦となった4月2日のオリックス戦でも、ヘルマンに二盗、三盗と立て続けに走られ、巨漢のペーニャにまで盗塁されている。

 松井の許盗塁数は12に対し、チームの総数が74個。実に6分の1近い数字と、俊足選手はおろか、そうでない選手にまでカモにされているのだ。

 盗塁阻止は捕手との共同作業。それでも松井の責任は大きい。ただでさえ、牽制やクイックが苦手な上、左打者に対しては外角に大きく外れるボールを投げることもしばしば。二回に長谷川が初球から盗塁を成功させたのも、左打者の本多の外角にボール球を投げた時だ。これでは捕手も二塁に送球しづらい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る