露呈したスタミナ不足 楽天・松井裕「中継ぎ調整」の吉凶

公開日: 更新日:

 楽天のルーキー松井裕樹(18)の約1カ月ぶりの先発は、課題山積だった。結果は出たものの、守っている野手も見ているファンもイライラする不安定な投球内容は相変わらずだ。

 23日の西武戦。5回と3分の0を7奪三振を含む4安打無失点(5四球)。しかし、101球の球数を要したように、投球リズムの悪さはいまだに解消されていない。

 初回の先頭打者・秋山に11球粘られただけでなく、この回打者5人を抑えるのに要した球数は実に28球。走者を出してはマウンド上で大きくタメ息をつくから、自然と投球間の間も長くなる。

 守っている時間があまりに長いから、攻撃のリズムも生まれない。三回まで味方打線が2安打1四球の3走者しか出せなかった淡泊な攻撃は、少なからず松井の投球スタイルが影響した。

「初回、二回の球数が多くてリズムがつくれなかった。三、四回は(テンポよく)抑えて(味方打線の)点につながったので、そういう投球をしないと先輩方に申し訳ない」と試合後の本人も反省しきりだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  7. 7

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  8. 8

    黒川氏「訓告」は官邸意向 退職金6700万円は“口止め料”か

  9. 9

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る