露呈したスタミナ不足 楽天・松井裕「中継ぎ調整」の吉凶

公開日: 更新日:

 楽天のルーキー松井裕樹(18)の約1カ月ぶりの先発は、課題山積だった。結果は出たものの、守っている野手も見ているファンもイライラする不安定な投球内容は相変わらずだ。

 23日の西武戦。5回と3分の0を7奪三振を含む4安打無失点(5四球)。しかし、101球の球数を要したように、投球リズムの悪さはいまだに解消されていない。

 初回の先頭打者・秋山に11球粘られただけでなく、この回打者5人を抑えるのに要した球数は実に28球。走者を出してはマウンド上で大きくタメ息をつくから、自然と投球間の間も長くなる。

 守っている時間があまりに長いから、攻撃のリズムも生まれない。三回まで味方打線が2安打1四球の3走者しか出せなかった淡泊な攻撃は、少なからず松井の投球スタイルが影響した。

「初回、二回の球数が多くてリズムがつくれなかった。三、四回は(テンポよく)抑えて(味方打線の)点につながったので、そういう投球をしないと先輩方に申し訳ない」と試合後の本人も反省しきりだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る