メジャー投手が続々肘故障 ブルワーズはなぜ極端に少ない?

公開日: 更新日:

 メジャーで肘を故障する投手が相次いでいる。

 16日(日本時間17日)にはメッツの先発右腕ウィーラーが右肘靱帯を断裂。インディアンスは先発右腕フロイドが骨折した右肘の肘頭の手術を受けると明らかにした。他にもナショナルズの最多勝右腕(13年)ジマーマン、フィリーズのサイ・ヤング賞左腕リーらダル以外にも実績のある投手に肘の故障が発覚した。今後の検査結果次第ではトミー・ジョン(腱の修復)手術を受ける可能性のある投手もおり、オープン戦にもかかわらず現時点で計7人の投手が離脱する異常事態だ。

 今では、肘にメスを入れる投手は珍しくなくなったとはいえ、極端に少ない球団もある。

 かつて青木(現ジャイアンツ)が在籍した(12~13年)ミルウォーキー・ブルワーズだ。米スポーツ専門サイトの「SBネーション」は16日、過去10年間でトミー・ジョン手術を受けた球団別の人数を掲載。ブレーブスの14人が最多で、メッツ、アスレチックスが12人で続き、ブルワーズはメジャー最少の2人。08年のカプアーノ(現ヤンキース)、09年のリスキー(11年に引退)だけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  2. 2

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  5. 5

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  8. 8

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る