メジャー投手が続々肘故障 ブルワーズはなぜ極端に少ない?

公開日: 更新日:

 メジャーで肘を故障する投手が相次いでいる。

 16日(日本時間17日)にはメッツの先発右腕ウィーラーが右肘靱帯を断裂。インディアンスは先発右腕フロイドが骨折した右肘の肘頭の手術を受けると明らかにした。他にもナショナルズの最多勝右腕(13年)ジマーマン、フィリーズのサイ・ヤング賞左腕リーらダル以外にも実績のある投手に肘の故障が発覚した。今後の検査結果次第ではトミー・ジョン(腱の修復)手術を受ける可能性のある投手もおり、オープン戦にもかかわらず現時点で計7人の投手が離脱する異常事態だ。

 今では、肘にメスを入れる投手は珍しくなくなったとはいえ、極端に少ない球団もある。

 かつて青木(現ジャイアンツ)が在籍した(12~13年)ミルウォーキー・ブルワーズだ。米スポーツ専門サイトの「SBネーション」は16日、過去10年間でトミー・ジョン手術を受けた球団別の人数を掲載。ブレーブスの14人が最多で、メッツ、アスレチックスが12人で続き、ブルワーズはメジャー最少の2人。08年のカプアーノ(現ヤンキース)、09年のリスキー(11年に引退)だけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  9. 9

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る