メジャー投手が続々肘故障 ブルワーズはなぜ極端に少ない?

公開日:  更新日:

 メジャーで肘を故障する投手が相次いでいる。

 16日(日本時間17日)にはメッツの先発右腕ウィーラーが右肘靱帯を断裂。インディアンスは先発右腕フロイドが骨折した右肘の肘頭の手術を受けると明らかにした。他にもナショナルズの最多勝右腕(13年)ジマーマン、フィリーズのサイ・ヤング賞左腕リーらダル以外にも実績のある投手に肘の故障が発覚した。今後の検査結果次第ではトミー・ジョン(腱の修復)手術を受ける可能性のある投手もおり、オープン戦にもかかわらず現時点で計7人の投手が離脱する異常事態だ。

 今では、肘にメスを入れる投手は珍しくなくなったとはいえ、極端に少ない球団もある。

 かつて青木(現ジャイアンツ)が在籍した(12~13年)ミルウォーキー・ブルワーズだ。米スポーツ専門サイトの「SBネーション」は16日、過去10年間でトミー・ジョン手術を受けた球団別の人数を掲載。ブレーブスの14人が最多で、メッツ、アスレチックスが12人で続き、ブルワーズはメジャー最少の2人。08年のカプアーノ(現ヤンキース)、09年のリスキー(11年に引退)だけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る