術後パフォーマンスに好影響 ダルは「左投げ練習」で進化する

公開日: 更新日:

 右肘の手術が決まったダル。故障してからは右手にグラブをはめてキャッチボールや投内連係などの練習に参加。「右手でゴロ捕ったり、左手で送球したって意味がない。おとなしくしていればいいのに」という声もある。

 だが、右手ばかりで投げていれば、筋肉は常に同じ動きを強いられる。よって身体、筋力のバランスが崩れる。プロゴルファーの片山晋呉が左打ちをしたり、左で素振りを行うのはそのためだ。右利きの人が左で投げたり、打ったりすれば、日頃は使わない筋肉を認識することもできる。

 投手の場合、身体の左右上下の筋力バランスが崩れると、肘への負担が大きくなるといわれる。ダルは高校時代からインナーマッスルを鍛えるトレーニングをやっていて身体意識も高い。身体バランスを戻せば、手術後の投球パフォーマンスが上がることがわかっているのだろう。手術後も左利きの練習量は増えそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  2. 2

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  7. 7

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  8. 8

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    「電鉄は年商3000億、タイガースはたかだか60億や」と一喝

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る