術後パフォーマンスに好影響 ダルは「左投げ練習」で進化する

公開日: 更新日:

 右肘の手術が決まったダル。故障してからは右手にグラブをはめてキャッチボールや投内連係などの練習に参加。「右手でゴロ捕ったり、左手で送球したって意味がない。おとなしくしていればいいのに」という声もある。

 だが、右手ばかりで投げていれば、筋肉は常に同じ動きを強いられる。よって身体、筋力のバランスが崩れる。プロゴルファーの片山晋呉が左打ちをしたり、左で素振りを行うのはそのためだ。右利きの人が左で投げたり、打ったりすれば、日頃は使わない筋肉を認識することもできる。

 投手の場合、身体の左右上下の筋力バランスが崩れると、肘への負担が大きくなるといわれる。ダルは高校時代からインナーマッスルを鍛えるトレーニングをやっていて身体意識も高い。身体バランスを戻せば、手術後の投球パフォーマンスが上がることがわかっているのだろう。手術後も左利きの練習量は増えそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  2. 2

    正気か? 菅首相いきなり「国民皆保険見直し」示唆の真意

  3. 3

    レッドブル「くたばれ、正論。」面倒くさいけど添削しとく

  4. 4

    「ゴゴスマ」が大躍進!コロナで報道・情報番組に続く異変

  5. 5

    最良の対策は総辞職 うまい話のつまみ食いは賢者になれぬ

  6. 6

    大泉洋の“大暴走”NHK紅白司会に割れる評価…再登板なしか

  7. 7

    FBI警告 トランプ支持派が蜂起「1.16」全米に血の雨が降る

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    桑田真澄氏が巨人コーチに 原監督との恩讐越え入閣の仰天

  10. 10

    巨人次期監督争い 桑田vs阿部“万事正反対”で火花バチバチ

もっと見る