術後パフォーマンスに好影響 ダルは「左投げ練習」で進化する

公開日:  更新日:

 右肘の手術が決まったダル。故障してからは右手にグラブをはめてキャッチボールや投内連係などの練習に参加。「右手でゴロ捕ったり、左手で送球したって意味がない。おとなしくしていればいいのに」という声もある。

 だが、右手ばかりで投げていれば、筋肉は常に同じ動きを強いられる。よって身体、筋力のバランスが崩れる。プロゴルファーの片山晋呉が左打ちをしたり、左で素振りを行うのはそのためだ。右利きの人が左で投げたり、打ったりすれば、日頃は使わない筋肉を認識することもできる。

 投手の場合、身体の左右上下の筋力バランスが崩れると、肘への負担が大きくなるといわれる。ダルは高校時代からインナーマッスルを鍛えるトレーニングをやっていて身体意識も高い。身体バランスを戻せば、手術後の投球パフォーマンスが上がることがわかっているのだろう。手術後も左利きの練習量は増えそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る