ダルだけじゃない…レ軍投手陣続々故障の裏に元幹部の“悪癖”

公開日: 更新日:

 すったもんだした揚げ句、メジャーを代表する右腕が、ようやく結論を出した。

 レンジャーズは13日(日本時間14日)、右肘靱帯に損傷が見つかったダルビッシュ有(28)が、17日(同18日)にフロリダ州ペンサコラの病院でトミー・ジョン(腱の修復)手術を受けると発表した。手術は同僚の藤川、レッドソックス・田沢の担当医で「肘の権威」といわれるジェームズ・アンドルーズ医師が執刀する。この手術は復帰までに1年から1年5カ月を要するため、今季の登板は絶望となった。

 今季はエース不在の厳しい戦いを強いられるレンジャーズ。実は昨季から故障者が続出している。昨季は投手、野手合わせて64人が起用され、メジャー史上最多を記録した。投手陣は崩壊状態で昨季序盤からエース左腕ハリソンらローテーション投手の離脱が相次ぎ、8月には右肘の違和感でダルが故障者リスト入り。投手だけでも40人も起用し、リリーフ投手の無駄遣いを防ぐため、3人の野手がマウンドに上がったほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  3. 3

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  4. 4

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  5. 5

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  6. 6

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  7. 7

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  8. 8

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  9. 9

    立川談志が「柳朝んとこに入った弟子はどいつだ?」と…

  10. 10

    ウイルスでも細菌でもない がんリスクの最大の要素は食事

もっと見る