ダルだけじゃない…レ軍投手陣続々故障の裏に元幹部の“悪癖”

公開日:  更新日:

 すったもんだした揚げ句、メジャーを代表する右腕が、ようやく結論を出した。

 レンジャーズは13日(日本時間14日)、右肘靱帯に損傷が見つかったダルビッシュ有(28)が、17日(同18日)にフロリダ州ペンサコラの病院でトミー・ジョン(腱の修復)手術を受けると発表した。手術は同僚の藤川、レッドソックス・田沢の担当医で「肘の権威」といわれるジェームズ・アンドルーズ医師が執刀する。この手術は復帰までに1年から1年5カ月を要するため、今季の登板は絶望となった。

 今季はエース不在の厳しい戦いを強いられるレンジャーズ。実は昨季から故障者が続出している。昨季は投手、野手合わせて64人が起用され、メジャー史上最多を記録した。投手陣は崩壊状態で昨季序盤からエース左腕ハリソンらローテーション投手の離脱が相次ぎ、8月には右肘の違和感でダルが故障者リスト入り。投手だけでも40人も起用し、リリーフ投手の無駄遣いを防ぐため、3人の野手がマウンドに上がったほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る