• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マーリンズがレイモンド監督解任 イチローの起用にも影響か

 ベテラン外野手の所属チームがゴタゴタし始めた。

 イチローのマーリンズは17日(日本時間18日)、本拠地マイアミでのブレーブス戦後、マイク・レドモンド監督(44)とロブ・レアリー・ベンチコーチ(51)の解任を発表した。後任は18日にも発表される見込みだ。今季のメジャーリーグで指揮官が交代するのはブルワーズのレネキー前監督に次いで2人目となる。

 今季のマーリンズは開幕ダッシュに失敗。15日からの同地区のライバルであるブレーブスとの3連戦で3タテを食らうなど、ここまで16勝22敗の勝率4割2分1厘。ナ・リーグ東地区で最下位フィリーズとわずか0.5ゲーム差の4位に低迷している。

 昨オフには主砲スタントンと北米プロスポーツ史上最高額となる13年総額3億2500万ドル(約377億円)で契約延長、イチローを獲得するなど、それなりのチーム編成を図ったが、投手陣が誤算だった。中でもリリーフ陣(防御率4.23)が不調でチームの足を引っ張っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

もっと見る