イチロー活躍も初陣飾れず…マーリンズ“転身監督”の正体

公開日:  更新日:

 マーリンズで異例の人事が行われた。

 成績不振を理由にマイク・レドモンド前監督を解任したマーリンズは18日(日本時間19日)、ダン・ジェニングズGM(54)の監督就任を発表した。

 会見に臨んだジェニングズ新監督は「球団の信頼を感じて大変名誉に思っている。チーム一丸となってプレーオフ進出を目指したい」と抱負を語ったが、指導者としての手腕は限りなく未知数だ。

 新指揮官は長らくマーリンズのフロントスタッフを務め、メジャーでの監督、コーチ経験はない。唯一の指導者経験は故郷のアラバマ州の高校でコーチを務めた程度だ。

 早くもチーム外からはジェフリー・ロリア・オーナーの人選を疑問視する声が上がっているとはいえ、新指揮官はイチローにとってはプラスになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る