• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

オリの「補強戦略」大迷走 ラミと抱き合わせでまた助っ人大砲

 また「補強頼み」か。

 オリックスが22日、BCリーグ群馬の大砲でベネズエラ人のヨヘルミン・チャべス外野手(26)の獲得と、同チームSD(シニアディレクター)でヤクルト、巨人などで活躍したアレックス・ラミレス(40)の巡回アドバイザー就任を発表した。

 オリックスは現在、リーグ最下位。借金は「16」に膨れ上がっている。ブランコ、ヘルマンという両助っ人打者も開幕から故障や不振でパッとせず、過去に米マイナーでプレー経験があり、今季群馬で打率・301、4本塁打、24打点をマークする右の大砲に白羽の矢を立てたようだ。

 が、この補強がチームの起爆剤になるとは思えない。

 昨年、リーグ2位の126盗塁を誇りながら、今季は22日現在でリーグ4位の38盗塁止まり。外国人助っ人と中島、小谷野を含めた長距離砲を集めたことで看板の機動力が減少したことが、得点力(計247点=リーグ5位)の低下につながった。一発頼みの打線は確率が低いどころか、相手チームに「足攻の脅威がなくなった」という安心感すら与えている。そんなチーム状況で、再び「大砲取り」では、得点効率はますます悪くなるばかり。一発攻勢で借金返済のスケベ根性では、いよいよドロ沼から抜け出せない可能性が高い。すでに6人の外国人を擁するチーム内の「助っ人余り」も深刻化する。

 ラミレス巡回アドバイザーとの「セット獲得」はBCリーグとのパイプ強化の意味合いもあるのだろうが、補強のやり方を間違えてはパイプも生かせない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る