決勝打を放ち満足げ オリ“主砲”中島のまだまだ足りない活躍

公開日: 更新日:

 右手を突き上げて笑顔を浮かべているのは、19日の西武戦で決勝打を放ったオリックスの中島裕之(32)だ。

 2-2の同点で迎えた七回1死満塁から、岸のカーブをとらえて左中間に2点適時二塁打。これが決勝打となって、チームは交流戦から続く連勝を「5」に伸ばした。本人は「今日はええとこで打てました」と満足げに話した。

 この日を含む最近7試合は、26打数11安打7打点。気を吐いているものの、4、5月と故障で2度の二軍落ち。2度目は食事中のぎっくり腰だった。下馬評の高かったオリックスは開幕から低迷し続け、森脇監督は休養に追い込まれた。

 チームはまだ最下位だし、借金は「14」も残っている。年俸3億5000万円の主砲が、この程度の活躍で満足してたらファンはたまらない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  4. 4

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  5. 5

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  6. 6

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  7. 7

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

  8. 8

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  9. 9

    タッキー副社長の評価急上昇 リストラに新事業に獅子奮迅

  10. 10

    検察が安倍前首相の“悪事”を暴かなければ国民は許さない

もっと見る