決勝打を放ち満足げ オリ“主砲”中島のまだまだ足りない活躍

公開日:  更新日:

 右手を突き上げて笑顔を浮かべているのは、19日の西武戦で決勝打を放ったオリックスの中島裕之(32)だ。

 2-2の同点で迎えた七回1死満塁から、岸のカーブをとらえて左中間に2点適時二塁打。これが決勝打となって、チームは交流戦から続く連勝を「5」に伸ばした。本人は「今日はええとこで打てました」と満足げに話した。

 この日を含む最近7試合は、26打数11安打7打点。気を吐いているものの、4、5月と故障で2度の二軍落ち。2度目は食事中のぎっくり腰だった。下馬評の高かったオリックスは開幕から低迷し続け、森脇監督は休養に追い込まれた。

 チームはまだ最下位だし、借金は「14」も残っている。年俸3億5000万円の主砲が、この程度の活躍で満足してたらファンはたまらない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    森友裁判で新展開 近畿財務局の前総務部長が法廷で証言へ

もっと見る