オリ主力が語った森脇監督休養への「悔恨・自責・懺悔」

公開日: 更新日:

 3日の巨人戦でサヨナラ負けし、借金が今季最多の「17」に膨らんだオリックス。その責任はもちろん、2日に休養に追い込まれた森脇浩司監督(54)だけにあるのではない。開幕から精彩を欠く投打の主力はどう感じているのか。

 まずはチームの主将・糸井嘉男(33)に聞くと……。

「責任? それは……もういいでしょ。今後? 自分から今のところ何かをやるというのは……考えていないです」

 今季はスタートから打撃不振が続き、現在も打率.224と低迷する。監督休養が発表された前日には「僕のせいとちゃいますか」と絞り出すように言っていた。

■懺悔の平野はサヨナラ安打浴び…

 投手陣のリーダー格である守護神・平野佳寿(31)はどうか。先月28日のDeNA戦後、一部ファンからヤジを飛ばされ激怒。一時、ベンチ前は騒然となった。その場面を振り返り、「あの時は心ないヤジが飛んで思わず感情的になってしまった。でも、みんな悔しい思いを持ちながら戦っているんです」と言い、こう続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜を見る会」悪徳マルチ跋扈を許した経産OBと官邸の黒幕

  2. 2

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  3. 3

    「山健組」の弱体化を招いた元ナンバー3への“絶縁処分”

  4. 4

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  5. 5

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  6. 6

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  7. 7

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  8. 8

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  9. 9

    「馬毛島」を防衛省に売却 86歳老経営者の14年の“粘り腰”

  10. 10

    子供の「買って買って病」に抜群に効くシンプルな方法!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る