イチローや田口も信奉する オリ福良代理監督の“選手操縦術”

公開日: 更新日:

 オリックスの選手があるとき、ロッカールームで差し入れのメロンにかぶりついていた。

 そこへ通りかかった福良淳一コーチ(54=現監督代行)が、笑いながら選手に声を掛けた。

「なんや、お前、カブト虫みたいやな」

 福良コーチに「カブト虫みたい」と言われた選手がこう話す。

「聞けば、キュウリみたいな味がして、自分は苦手だと言うんです。いつもニコニコ、選手や裏方さんには分け隔てなく声を掛けています。普段は本当に優しく、温和な人ですよ、普段はね」

 それなら「普段」じゃないときは、どうなるのか。日本ハムOBが引き取って言う。

「例えば全力疾走を怠ったり、気を抜いたプレーをしたりしたときは豹変します。怒るときはみんなの前ではなく、必ず別室で一対一。あの中田翔が震え上がったといいますからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    公民権停止もあるぞ 桜を見る会中止で疑惑モミ消しの悪質

  2. 2

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  3. 3

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  4. 4

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  5. 5

    首相主催の桜を見る会 よく税金で盛大な宴会なぞできるよ

  6. 6

    妊娠・出産を乗り越え弁護士に…宣誓式で判事が粋な計らい

  7. 7

    正答例を事前閲覧 入試に乗じるベネッセのカンニング商法

  8. 8

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  9. 9

    櫻井政界進出まで見据えるも…二宮の結婚時期にファン憤慨

  10. 10

    嵐が会見で語らなかった密着ドキュメンタリーの世界戦略

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る