日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

イチローや田口も信奉する オリ福良代理監督の“選手操縦術”

 オリックスの選手があるとき、ロッカールームで差し入れのメロンにかぶりついていた。

 そこへ通りかかった福良淳一コーチ(54=現監督代行)が、笑いながら選手に声を掛けた。

「なんや、お前、カブト虫みたいやな」

 福良コーチに「カブト虫みたい」と言われた選手がこう話す。

「聞けば、キュウリみたいな味がして、自分は苦手だと言うんです。いつもニコニコ、選手や裏方さんには分け隔てなく声を掛けています。普段は本当に優しく、温和な人ですよ、普段はね」

 それなら「普段」じゃないときは、どうなるのか。日本ハムOBが引き取って言う。

「例えば全力疾走を怠ったり、気を抜いたプレーをしたりしたときは豹変します。怒るときはみんなの前ではなく、必ず別室で一対一。あの中田翔が震え上がったといいますからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事