イチローや田口も信奉する オリ福良代理監督の“選手操縦術”

公開日:  更新日:

 オリックスの選手があるとき、ロッカールームで差し入れのメロンにかぶりついていた。

 そこへ通りかかった福良淳一コーチ(54=現監督代行)が、笑いながら選手に声を掛けた。

「なんや、お前、カブト虫みたいやな」

 福良コーチに「カブト虫みたい」と言われた選手がこう話す。

「聞けば、キュウリみたいな味がして、自分は苦手だと言うんです。いつもニコニコ、選手や裏方さんには分け隔てなく声を掛けています。普段は本当に優しく、温和な人ですよ、普段はね」

 それなら「普段」じゃないときは、どうなるのか。日本ハムOBが引き取って言う。

「例えば全力疾走を怠ったり、気を抜いたプレーをしたりしたときは豹変します。怒るときはみんなの前ではなく、必ず別室で一対一。あの中田翔が震え上がったといいますからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る