2試合で二軍に逆戻り…オリ谷は記録も家庭も“崖っぷち”

公開日: 更新日:

 大記録達成がかすむ。2000本安打まで残り77本と迫っているオリックスの谷佳知(42)。去る11日に今季初めて一軍に昇格したのもつかの間、たった2試合で15日に登録抹消となったのだ。

 一軍では6打数無安打とはいえ、谷はオリックスの功労者。巨人にトレードされた時代もあったが、同球団出身の2000本安打達成者は04年のイチロー(現マーリンズ)以来だけに、2試合で見限るのは酷ではないか、という声も出ているが、今のオリックスには谷に構っている余裕はない。開幕から最下位に低迷し、交流戦でもパ唯一の負け越しとなる8勝10敗。手術した右ヒジのリハビリで出遅れていたエース金子が2連勝し、チームも4連勝中となんとか持ち直してきただけに、個人記録を優先しているヒマはないのだ。

 こうなると、もちろん今季中の2000本安打は絶望的。来季は43歳とさらに年齢を重ねる谷からすれば、記録達成そのものが危ういと言えるだろう。

 グラウンド外でも3月には女房で参議院議員の谷亮子(39)の別居、不倫スキャンダルが「週刊現代」で報じられた。12年の「アサヒ芸能」に続いて、不倫疑惑報道は2度目。谷の居場所は家庭にも仕事場にもないとすれば、公私ともに崖っぷちである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  2. 2

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  3. 3

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  4. 4

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  5. 5

    スキャンダルで目くらましする官邸の手法は見抜かれている

  6. 6

    長期の理由は国民洗脳 安倍政権の“桂太郎超え”2887日<上>

  7. 7

    「死ね」暴言の笠りつ子に厳重注意のみ…遅すぎた大甘処分

  8. 8

    自民改選議員を“常習”招待「桜を見る会」で48人違法当選か

  9. 9

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  10. 10

    鈴木愛は3週連続Vでも 残り2戦は賞金女王へ“高いハードル”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る