2試合で二軍に逆戻り…オリ谷は記録も家庭も“崖っぷち”

公開日:  更新日:

 大記録達成がかすむ。2000本安打まで残り77本と迫っているオリックスの谷佳知(42)。去る11日に今季初めて一軍に昇格したのもつかの間、たった2試合で15日に登録抹消となったのだ。

 一軍では6打数無安打とはいえ、谷はオリックスの功労者。巨人にトレードされた時代もあったが、同球団出身の2000本安打達成者は04年のイチロー(現マーリンズ)以来だけに、2試合で見限るのは酷ではないか、という声も出ているが、今のオリックスには谷に構っている余裕はない。開幕から最下位に低迷し、交流戦でもパ唯一の負け越しとなる8勝10敗。手術した右ヒジのリハビリで出遅れていたエース金子が2連勝し、チームも4連勝中となんとか持ち直してきただけに、個人記録を優先しているヒマはないのだ。

 こうなると、もちろん今季中の2000本安打は絶望的。来季は43歳とさらに年齢を重ねる谷からすれば、記録達成そのものが危ういと言えるだろう。

 グラウンド外でも3月には女房で参議院議員の谷亮子(39)の別居、不倫スキャンダルが「週刊現代」で報じられた。12年の「アサヒ芸能」に続いて、不倫疑惑報道は2度目。谷の居場所は家庭にも仕事場にもないとすれば、公私ともに崖っぷちである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  5. 5

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る