オリ森脇監督の「休養会見」に巨人球団が冷ややかだったワケ

公開日:  更新日:

 不振の責任を取って休養の決まったオリックス森脇浩司監督(54)は、「名コーチ」として知られた。指導者として13年間在籍したソフトバンクでは、川崎宗則(現ブルージェイズ)ら数多くの選手を育成。王監督が胃がん手術のために休養した06年は、監督代行を務めるなど特に「世界の王」の信頼が厚かった。11年に縁もゆかりもない巨人の二軍内野守備・走塁コーチに就任したのも、その推薦があったからである。

「王さんはもちろん、森脇さんに関しては、長嶋終身名誉監督も高く評価していた。アテネ五輪日本代表監督時代に各球団のキャンプを巡った際、当時ダイエーのコーチだった森脇さんのノックを見て一目惚れ。『あの名人芸のノックだけで飯が食える』と絶賛した。いわば、森脇さんの巨人二軍コーチ就任は天下のONのお墨付きがあったわけです」(巨人OB)

 が、森脇監督はたった1年で巨人を退団。その指導力を買っていた球団から、いずれ一軍でも、という声が聞かれ始めていた中での辞任の申し入れだった。しかも、球団がそれを聞いたのは、翌年の契約を結ぶつもりで行ったコーチ陣の更改交渉のその日。事前になんの相談もなかった球団は呆気にとられ、後任人事で右往左往することになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る